バベルグループ沿革

1974年4月 創業 翻訳家養成講座(通信制)開講。
1976年10月 月刊『翻訳の世界』創刊。 第1回「翻訳奨励賞」実施。
1977年3月 (株)日本翻訳家養成センター設立。
1978年10月 バベル翻訳・外語学院東京校開校。
1980年2月 『翻訳の世界』にて<翻訳英文法>の連載開始。
1982年1月 バベル翻訳・外語学院大阪校開校。
1982年4月 『翻訳英文法』初版発刊。
1984年3月 バベル・インターナショナル(翻訳サービス部門)発足。
バベル翻訳・外語学院名古屋校開校。
1989年6月 リーガル・コミュニケーション協会設立。
1996年7月 米国・サンフランシスコにバベル・アメリカ(BABEL Corporation)設立。
1996年8月 ホームページ開設。
1997年4月 人材派遣専門会社、バベル・スタッフ株式会社を設立。
1997年5月 翻訳サービス部門として、バベルトランスメディアセンターを設立。
2000年1月 米国・ハワイ州に世界初の翻訳大学院として、インターネットによるBABEL UNIVERSITY Professional School of Translationを開校。
2000年6月 月刊『eとらんす』発刊(『翻訳の世界』より新創刊)。
2002年1月 BABEL UNIVERSITY Professional School of Translation、DETCのアクレディテーションを取得。
2002年3月 CPS(Certified Professional Secretary)およびCPA(Certified Administrative Professional)の日本における独占的運営管理に関するライセンス契約を締結
2004年1月 翻訳出版(Co-Pub)サービス開始。
2005年2月 月刊『eTrans Learning』発刊(『eとらんす』より新創刊)。
2006年4月 Transnational Legal School(米国ロースクール予備校)開校。
2007年1月 DETC Re-accreditation取得。
リーガルキャリアマガジン『The Legal.COMM』創刊。
2007年10月 Professional English School(企業内プロフェッショナル英語研修)開校。
2008年1月 (社)日本翻訳協会「翻訳修士奨学金制度」認定校となる。
2008年11月 月刊誌「The Professional Translator」発刊。
2009年1月 Certified Professional Translator School(JTA公認翻訳専門職資格試験対策校)開校。
2010年2月 ホノルルキャンパス移転に伴い、DETCの視察(Change of Location)。
2010年2月 WEB版「The Professional Translator」発刊(月2回発行)。
2010年8月 Books & Rights Marketplaceスタート。
2010年12月 バベル翻訳大学院(USA)第3専攻名称変更。
(テクニカル・サイエンティフィック翻訳専攻→特許・技術・医薬翻訳専攻)
2011年1月 バベルプレスがデジタル・パブリッシング(Kindle、iPAD等)サービス開始。
2012年4月 バベル翻訳大学院(USA)第4専攻名称変更。
(インターナショナル・パラリーガル専攻→インターナショナルパラリーガル・法律翻訳専攻)
2012年5月 AmazonPODで出版する翻訳出版オンラインワークショップ(英・仏・独)開始。
2012年9月 ハワイ州貢献のためハワイ在住者の奨学金制度実施
2012年10月 バベル翻訳大学院(USA)第1専攻名称変更 (文芸・映像翻訳専攻→文芸翻訳専攻) 。
2013年1月 BABEL LIBRARY MEMBERS( ブッククラブ ) サービス開始。
2013年9月 DETC Re-accreditation取得。
2014年7月 ハワイ州高等教育機関認可プログラム(HPEAP)認可。
2014年9月 SDL社とSDL University Partner として提携。
2015年1月 DETCがDEAC (The Distance Education Accrediting Commission)に名称変更。
2015年2月 CATツール活用のための翻訳テクニックコース開講。