改訂版 第7回 「翻訳で何をしたいか」

翻訳で何をしたいか

第7回 自分の‘売り’をつくる5年間の計画を描く

さて、いよいよSTEP5、最終段階です。

STEP4では、Write your future resume、5年後の未来履歴書を作成しました。

1.5年後の自分の‘ 売り ’を明確にする。
2.5年後に履歴書に書くあなたの獲得スキル、資格を明確にする。
3.5年後に履歴書に書くあなたの職歴を描く。

そして、STEP5では、この未来履歴書を現実にするための向う5年間のアクションプランを作成します。
Make your action plan.

このプロセスはSTEP3で行った自分棚卸に対応するもので、棚卸して明らかになった自分のスキルマップを再編していきます。

STEP3では、みなさんが翻訳でキャリア目標をお持ちであるということを前提に、翻訳のキャリア目標を達成するのに必要な5つの能力、更にそれを成功に導く態度能力の合計6つに分けて考えてみました。

以下の6つを、資格、教育歴、実務経験等の指標を使って棚卸しをしていきました。

・Language Competence
 これは翻訳、通訳等を職業にする場合は、当然柱となる言語関連のスキルです。また、それを裏付けする資格、学習歴を考えてみましょう。
・Cultural Competence
 異文化間の変換をするに必要な彼我の文化を熟知し、その価値を相対化できる視点を持ち合わせているでしょうか。日頃から、そんな視点で自文化と異文化を知る努力を怠っていませんか。
・Expert Competence
 翻訳、通訳でも専門分野を極めていくことは必須です。専門分野は日々進化していきます。そうした変化を捉える情報収集を常に行っていますか。
・IT Competence
 自ら翻訳をする時だけではなく、プロジェクトを率いるような時でも、プロジェクトマネージメントの知識、リサーチの技術、翻訳エディティングの技術、DTPの技術、そして翻訳支援ツールの活用技術、辞書化の技術、いずれもキャリア開発に不可欠な知識と技術です。
・Managerial Competence
 自立するための経営ノウハウ、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを仕切る際のプロジェクトマネージメントの知識と技術、自立を目指すに欠かせません。

 
*参考に日本翻訳協会が実施する「翻訳プロジェクトマネージャー資格基礎試験」をご覧下さい。  
更に、
・Humanic Competence
 仕事をするには、人間関係能力は不可欠、リーダーシップにつながる関係構築能力を経験を積みながら磨いていきましょう。

ここで更に、今一度、STEP1とSTEP2を振り返ってみましょう。なぜなら、このSTEP1と2が全ての基本だからです。

STEP 1. 自己発見シートの作成
   Find your own uniqueness
STEP2.キャリアビジョン作成
   Define your own success

このステップで考えた‘売り’、Uniquenessと、ステップ4で考えた5年後の未来履歴書‘売り’、Uniquenessは変化していますか。変化が見られたら臆することなく書き直しましょう。

ここでSTEP1とSTEP2を復習してみましょう。
Find your own uniqueness, define your own success.

自分の個性、長所を見つけ、これを活かすことから、その人生の成功は始まります。
長所伸展法、短所を治すことに時間を費やすより、みずから得意とするところを伸ばす。
その方が成功への確率が高い、と考えてください。

日本では得てして、右へならえの横並び精神が優っていて、人と違うことを嫌う傾向にあるのは今も変わりがないかもしれません。UNIQUNESS、ユニークであることをマイナス評価とするそんな傾向には流されないようにしましょう。

もっている個性、特性を生かし生ききることが人間としての醍醐味でしょう。
従って、STEP4で導き出した‘売り’を明確に意識しましょう。

それでは、いよいよ、STEP5 5年間のアクションプラニングを作成しましょう。
Make your action plan

ここで、大切なのは、当然ですが、自分の‘売り’を生かすために、どのコンピタンスに重点を置くかです。すなわち、長所進展法、どのコンピタンスに力点を置くか考えましょう。

ここで、それぞれのコンピタンスがどんな内容か改めて確認しましょう。

そして、ご自身の売り、UniquenessをもとにSuccessをdefineするには、どのコンピタンスにどの程度のウエイトを置くのか、改めて考えてみましょう。

その上で、それぞれのコンピタンスをどう伸長させるか、1年ごとにマイルストーンを切って行きましょう。

どんなスキル、資格を取得するのか、どんな仕事に携わるのか、具体的にしていきましょう。

そして改めて申し上げますが、
そのためには、その分野、スキル、資格を徹底して絞り込むことです。
すなわち、自分だけのユニークなスキル、資格を獲得することです。
これは、戦略的縦展開。そのうえで周辺のスキル、資格も専門とする領域に取り込みます。
これは、言わば、戦略的横展開。

すなわち、その特化した翻訳分野での業務だけではなく、ライティング(本、記事を書くこと)、レクチャー(講義をすること)、専門に関連した翻訳プロジェクトを率いること。
この縦横のクロス戦略が重要です。

さて、それではSTEP5. Make your action planに進んでください。

――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 【キャリアサクセス実現シート】
  • Phase 1. 自己発見シートの作成 Find your own uniqueness
  • Phase 2. キャリアビジョン作成 Define your own success
  • Phase 3. スキル棚卸しシート作成 Do your own inventory
  • Phase 4. 5年後の未来履歴書作成 Write your future resume
  • Phase 5. 5年間のアクションプラニング作成 Make your action plan

――――――――――――――――――――――――――――――――

このキャリアサクセス実現シートによるキャリアビジョン創りは、STEP1,2,3,4,5と
順にこなしてください。今からでも遅くありません、5つのSTEPからなる「キャリアサクセス実現シート」にチャレンジください。

WEB雑誌 「The Professional Translator」通巻166号より

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL