シンガポールで金融機関に勤める ジニア・チェンさん

ジニア・チェンさん

 私は子供の頃から語学と異文化に大変興味を持ち、英語から始め、日本語、韓国語、広東語などを学びました。幸い奨学生として立命館アジア太平洋大学に留学し、英日バイリンガルの教育環境に恵まれました。在学中日本語能力試験1級に合格して日中通訳の授業を受けました。 またTOEICで満点を取り、TESOL英語教授法を習い、ボランティア活動や学生会議で英中通訳にも挑戦しました。大学では国際経営専攻の為英文で卒業論文を書き、外資系金融機関に就職して海外向けのチームに配属されたので、日本語のコミュニケーションが大部減っていました。 シンガポールへ転勤して以降、会社の公用語が英語になった為、残念ながら日本語で読む、書くことのアウトプットが無なっていました。ある日株主総会招集通知や決議事項を日本語から英語に翻訳するタスクに指名されましたが、金融、会計、法律分野の語彙力が足りないことから勉強不足を痛感しました。 しかしシンガポールで私のレベルに対応できるスクールが見つからず、語学力を上達させる手段で悩んでいました。 東京にいた頃からバベル大学院(USA)のことが知り、シンガポールでまた翻訳修士の広告を見た時早速入学することを決めました。私の勤務時間は朝早くて一日が長く、また定期的出張がある為利便性を第一に考えました。通信教育なら自分のペースで調整でき、多忙の社会人にとって最適な勉強方法だと思います。語学力の上達を図り、また翻訳力と要約力を習得したい為「金融・IR翻訳専攻」を志望しました。仕事で活かせるスキルを身につけ、投資家関連業務に移動されることや、さらにステップアップして通訳を学ぶなど自分の可能性を広げることを期待しています。