文芸・映像翻訳家をめざす 中谷扶美子

中谷扶美子

以前から翻訳には興味があり、趣味で英訳などをやっておりました。就職先に難航しており、何か資格を取得したほうが良いと思っていたときにバベル大学院のことをフリーペーパーの広告で知りました。そして受験をして、入学することが決定しました。現在、文芸・映像翻訳を専攻しております。 私はアメリカに住んで20年ぐらいになりますけど、日本語と英語の両立を持続してきたことにより、翻訳をしたいと思えましたし、自分の翻訳の勉強を始めるための基盤になったのだと思います。英訳することは私の長所であり、英文の読解力もありますので、細かいニュアンスなども読み取ることができます。和訳に関しては、いま、バベルの授業で学んでおり、英訳と近いぐらいのレベルで翻訳することが出来ることを目指しております。

元々、映像関係の仕事に興味がありましたので、将来はバベル翻訳大学院(USA)で学んだことを生かし、映画やドキュメンタリーの字幕を作成する翻訳の仕事に挑戦してみたいです。そして最近は日本の児童文学にも興味がありますので、そういった作品を英訳して世界中の子供たちにも読んで頂けることに貢献していけるよ・、になりたいと思っています。また、翻訳者としては和訳も英訳もこなせるように自分の翻訳能力を幅広く向上させていきたいです。。