翻訳で世界を結ぶ 岩崎雅さん

岩崎雅さん

 私が最初に翻訳に興味を持ったきっかけは、中学生の頃から洋楽にはまり、その訳文に興味を抱き、私も将来はそのように日本語と英語を駆使して異文化交流に貢献していきたい、そんな思いを馳せるようになったことでした。それから自分で調べていく中で、翻訳という仕事に就くためにどうするべきかを考えたとき、本気で翻訳のプロを目指すのであれば大学院で学ぶことは今や世界の常識になっていること、そして世界でも認められた資格がとれる大学院に行く必要があることを感じました。 そんなとき、現在通っている大学の先生(バベル翻訳大学院を卒業)に同大学院を勧められたことがきっかけとなって、受験することを決意しました。同大学院の魅力は、日本にいながらにしてアメリカのアクレディテーション機関認定の学位がとれるということです。さらに、ワーキング・スカラーシップ生として学びながら翻訳者としての実績を積めるということで、即戦力として働ける実力を身に付けることができると期待しています。 翻訳という業務は、国同士の懸け橋となって世界を結ぶ仕事でもあります。「翻訳があって初めて世界が交流できる。翻訳がなければ何も伝わらない」。この言葉を胸に、そしてまたモチベーションとして、異文化交流に貢献したいと思います。