プロフェショナル・ワーキングスカラーシップ

pro堀田副学長

現在の「ワーキングスカラーシップ制度」に次いで、「プロフェショナル・ワーキングスカラーシップ制度」を2016年2月より新設します。

バベル翻訳専門職大学院(USA)は開設以来16年、翻訳のプロフェショナルスクールとしての確固たる実績を重ねてまいりました。米国教育省の認定の教育品質認証機関、 DEAC (The Distance Education Accrediting Commission)の加盟校としても14年、3度に亘って認証(Accreditation)を受けてまいりました。

ご承知のように、米国においては修士号を付与できる大学院は2種類あります。ひとつは学究的修士号を付与するGraduate School、いまひとつはプロフェショナルな修士号を付与するProfessional School。後者の典型は、MBA(Master of Business Administration)。従って、BABEL UNIVERSITY Professional School of Translationはいわば翻訳業界のMBAに相当するもので、日本語では翻訳専門職大学院と言えるでしょう。

バベル翻訳専門職大学院(USA)は42年前に日本で設立されたバベルグループのいわば、Corporate Universityの役割、すなわち当初はバベルグループの様々な翻訳関連ビジネスにプロの人材を供給する役割を果たしつつ、現在ではこれにとどまらず世界の翻訳業界に有為な人材を供給し続けております。その実績は、現在、20余か国で活躍するMST(Master of Science in Translation),すなわちBABEL UNIVERSITY Professional School of Translationの修了生の活躍に集約されます。

今回、新たにプロフェショナルワーキングスカラーシップ制度を設けるに至りました理由は、現状のBABEL UNIVERSITY Professional School of Translationがプロ翻訳者になるための専門職大学院にもかかわらず2割強の現役のプロ翻訳者が入学されていることにあります。

当大学院は基本的にはプロ翻訳者をめざす皆様、すなわち、これからプロを目指す方々を対象とする翻訳専門職大学院であることはすでに前述している通りです。しかし、最近の入学希望者には現役のプロの翻訳者が増えつつあり、そのプロの翻訳者の翻訳修士号の取得を身近なものにとのご要望の声に応えることが、この翻訳業界の発展に寄与すると確信したからです。

当大学院に現役のプロ翻訳者の方々が入学される理由は大きく2つから成ります。
・これまで10年を越える翻訳経験があるが、果たして自分の翻訳力が学究的裏付けもある体系化された真の翻訳力かを確かめたかった
・昨年、EU発のISO17100(世界翻訳規格)が発行され、いよいよこれからの翻訳者は、ISOが規定しているように翻訳の学位(望ましくは修士号)をとるべき時代に入ってきたという認識を持つにいたった

以上の理由で、当大学院の門をたたいていただけるようになりました。

それ以外にも、当大学院に入学すると実務翻訳者希望者でも様々な翻訳出版の機会が持てる、また、翻訳業界の翻訳資格が取りやすい経済的環境づくりをしてもらえると言う声も多くあります。

いずれにしましてもこれからの時代、「手を上げれば翻訳者」、経験のみに裏打ちされた翻訳者では通用しなくなっていくと予測されます。従って、当大学院では優秀な現役のプロ翻訳者の方々が、経済的な負担、時間的な負担を多少なりとも軽減して、翻訳大学院の修了号取得が可能になる制度を設けたしだいです。

従って、このプロフェショナル・ワーキングスカラーシップ制度では、経済的負担軽減のために、奨学金1万ドルの貸与に加え、修了までの年限短縮化という時間負担の軽減のために、通常では併用できない実績認定(資格取得実積、翻訳学習実績、翻訳実務実績)を可能としました。

 受験要綱
 応募資格
  1. 4年生大学卒業以上の学歴を有するもの
  2. 翻訳実務経験5年以上を有するもの
 選抜試験
    1. 筆記試験:
      • 2時間のインターネット自宅翻訳試験(辞書・インターネット参照可)
      • 入学を希望する専攻ごとに試験内容は異なります。
    2. 書類選考
      • 「5年以上の翻訳職務経歴書」(できるだけ詳細なもの)
      • 「小論文」、テーマ:なぜ大学院入学を希望するのか)
      • 「履歴書」

      以上3点をご提出ください(提出期日は別途指定します)。

    3. 面接試験(日本語)
      • 30分程度。
      • 筆記試験の5~10日後。日時は別途指定します。
      • 簡単なネット会議システムを使用して自宅で行います。
 筆記試験日時

(午前)



(夜)


時差などの都合で時間帯の変更をご希望の方はこちらからご相談ください。

 応募締切

試験の前々日まで

 合否通知

面接試験後2週間以内

 受験料

US70ドル(または7700円)

 奨学金貸与額

10,000米ドル (学費より差引きます)
*この奨学制度では、在学中にバベルグループ内の翻訳関連の仕事をしていただき返済いただきます。期間は在籍可能期間内(4年間)とします。

 お手伝いいただく主な業務

翻訳協力 / 編集協力 / 版権交渉 /  教材制作 / 入力作業 / シノプシス作成 /  監訳アシスタント / スクール広報 / テープ起し / 各種リサーチ /  その他翻訳関連業務 /  受講レポート(必須業務) / 入学者紹介記事Web掲載(必須業務)

ワーキング業務の詳細

 対象専攻

下記4専攻各5名の選抜

      • 文芸翻訳専攻
      • 金融・IR翻訳専攻
      • 特許・技術・医薬翻訳専攻
      • 法律翻訳専攻

※ 他の奨学金との併用はできません。

  応募フォームはこちらから

■ 当大学院の正規学費および履修システムはこちらをご覧ください

■ 各専攻のカリキュラムはこちらをご覧ください

 奨学生へインタビュー
 医薬翻訳家をめざして奮闘中! 大塩由利香さん
大塩由利香イギリス留学から日本へ帰国し、自分が本当にしたいことはなにかとあれでもないこれでもないとしばらく考えていました。そんななか、以前から医療に興味があり、英語力も同時に生かせる医薬翻訳者の存在を知りました。 続きを読む
 翻訳で世界を結ぶ 岩崎雅さん
岩崎雅さん 私が最初に翻訳に興味を持ったきっかけは、中学生の頃から洋楽にはまり、その訳文に興味を抱き、私も将来はそのように日本語と英語を駆使して異文化交流に貢献していきたい、そんな思いを馳せるようになったことでした。続きを読む
 法律翻訳者をめざして 木内 裕美さん
木内 裕美 私が法律翻訳者を目指したきっかけは、日本において、未だに法律と英語双方に習熟した人材が不足した事を実感したからです。私は学生時代、司法試験の勉強に取り組みました。続きを読む
 人との関係を築くため、翻訳界に貢献したい ジャネット トービさん
ジャネット トービ幼いころから、言葉に関連した仕事をしたいと強く思っていました。大学で英文学を専攻し、言葉に対する関心が増えて来ました。同時に、日本史など日本の文化に興味が広がって来ました。続きを読む

修了生コメントの一覧を見る

– 副学長から聞く - 翻訳専門職大学院で翻訳キャリアを創る方法

hotta1

海外からも参加できるオンライン説明会

◆ 卒業生のキャリアカウンセリングを担当する副学長が、入学及び学習システムからカリキュラム、各種奨学金制度、修了生の活躍、修了後のフォローアップなどを総合的に説明いたします。

◆ 海外在住の方にも参加いただけるように、インターネットweb会議システムのZoomを使って行います。 奮ってご参加ください。Zoomのやさしい使い方ガイドはこちらからお送りします。

FAQ お問い合わせ