「歴史用語の英訳の現状と課題」セミナー

― 日本文化を世界に発信する試みとして ―

日本文化を世界に発信する上で、英訳は必須のプロセスとなります。しかし、日本独自の用語などを日本にあまり知識のない人たちに誤解なく伝えるために英訳するのは、なかなか簡単なことではありません。
本セミナーでは日本史に関する用語を取り上げ、どのような用語がどのように英語に訳されているのかの現状、日本史の専門用語を英訳する上での課題などを、古代から近現代まで具体例を挙げながら説明します。

  セミナー目次

1:日本史用語の翻訳の現状
  1)海外での日本史研究の軌跡と英訳の変遷
  2)言語のニュアンスの違いによる諸問題
2:歴史用語を英訳する上での課題
  1) 古代史に関する場合
  2) 近現代史に関するもの
3:日本史を海外に発信するために:何が参考になるのか

・日程: 2017年 10月27日(金) 18時~19時30分(日本時間)
・申込み締切:2017年10月24日(火)(日本時間)

  セミナーのお申込みはこちらから

*セミナーご受講のお申込みの際、携帯電話のメールアドレス及びhotmailアドレスは記載しないでください。当協会からのセミナーのご連絡が届かない場合がございます。

このセミナーでは、吉祥寺の教室又はオンライにて参加できます。オンライはズーム(ZOOM)というインターネット会議システムを使いますので、自宅からでも双方向のコミュニケーションが可能です(Skypeをご存知の方は同じようなツールとお考えください。)。PCとインターネットの環境があれば準備はとても簡単です。参加申込の方に「ZOOM」の利用方法をやさしく解説したマニュアルをお送りしますのでご安心ください。

  開催場所

A) バベル吉祥寺キャンパス会場(当協会認定校)
(東京都武蔵野市吉祥寺南町 2-13-18 ルジェンテ吉祥寺1F)
*定員10名に達し次第締め切ります。
B) オンライン- ZOOM
*定員25名に達し次第締め切ります。

  参加形式

A)現地会場参加
B)オンラインZOOM参加 (2通りの参加方法があります。)

  セミナー受講料

受講料は以下の表をご覧下さい (日本円にてお支払の場合は消費税込の金額です)
海外からの受講料のお支払いにPayPalが利用できます。米ドルにてのお支払いとなります。

一般 一般:
米ドル
JTAメンバーズ
及び
学生
JTAメンバーズ
及び
学生:米ドル
A)2,500円
B)2,000円
A)$28
B)$23
A)2,000円
B)1,500円
A)$23
B)$18

*JTAメンバースとは、翻訳者や、翻訳技能の向上を目指す方々のために、翻訳関連の様々な情報提供及び 「JTA公認 翻訳専門職」認定者となるためのサポートを行う、日本翻訳協会が主宰するインターネットメンバーシップです。
*学生割引対象者:大学院生、大学生、専門学校生、高校生など

  セミナーのお申込みはこちらから

亀井ダイチ利永子
・青山学院大学大学院文学研究科日本語日本文学専攻修士、南カリフォルニア
 大学 大学院歴史研究科(日本史専攻)博士課程修了(Ph.D. in History)。
・専門は前近代日本史。日英の二か国語で研究を行う。東京大学史料編纂所の
 データベース「応答型翻訳支援システム」の所外メンバー。
・研究活動の一環として、日本文学及び歴史に関する学術論文の翻訳
 (日本語訳・英訳共に)と古文・史的漢文の英訳に従事している。
・現在立正大学文学部講師。日本史・日本文化に関する授業を英語で担当。