ワーキング・スカラーシップ

20160203title堀田副学長ワーキング スカラシップ(特別奨学生制度)とは、BABEL UNIVERSITYを含む、バベルグローバルグループでは、多くの優秀な翻訳者を求めています。この奨学生制度で、前途有為の翻訳者をできるだけ多く選抜したいと考えています。この奨学制度では、奨学金は以下に関連するお仕事等をしていただきながら在学中に返済いただきます。仮に、在学中に返済できない時は、インターンシップとして、実際の仕事で返済いただきます。詳細は、説明会でもご案内致します。ぜひ、ご参加ください!

バベルグループは奨学生の皆様のお力をお借りして2020年に向けて進めたい3つの仕事があります。

1. 世界中の未訳の良書を皆様のお力をお借りして、発掘、日本語をはじめ複数言語に翻訳し共有をしていきたい【地球翻訳図書館】と考えています。

2. 日本の優れた智、書籍を皆様に紹介いただき、皆様の力で英語に翻訳して、知的資産として多くの人が楽しめるようにしたいと考えています。

3. 日本の正しい姿、世界の国々の正しい姿を偏向なしに世界中に発信していきたいと考えています。皆様には翻訳者としてその先鋒となってほしいと考えています。

これらに関わるさまざまなお仕事をお手伝いいただきたくことで、 皆様の翻訳キャリアが蓄積、充実していくことを願っております。

 受験要綱
 試験内容

(1)筆記試験(2時間のインターネット自宅試験、辞書・インターネット参照可):
入学を希望する専攻ごとに試験内容は異なります。

(2)書類選考:「小論文」および「履歴書と職務経歴書」をご提出ください(提出期日は別途指定します)。

小論文テーマ:(1)「志望動機」 (2)「バベル翻訳専門職大学院(USA)を選んだ理由」

(3)面接試験(30分程度): 筆記試験の5~10日後。日時は別途指定します。
※簡単なネット会議システムを使用して自宅で行います。

 筆記試験日時

(午前)






(夜)






時差などの都合で時間帯の変更をご希望の方はこちらからご相談ください。

 応募締切

試験の前々日まで

 受験料

US70ドル(または7700円)

 奨学金貸与額

上限8,000ドル (学費より差引きます)
※ ワーキング業務による返済期間は在籍期間内(4年間)
※ 正規学費はこちら

 お手伝いいただく主な業務

翻訳協力 / 編集協力 / 版権交渉 /  教材制作 / 入力作業 / シノプシス作成 /  監訳アシスタント / スクール広報 / テープ起し / 各種リサーチ /  その他翻訳関連業務 /  受講レポート(必須業務) / 入学者紹介記事Web掲載(必須業務)

ワーキング業務の詳細

 対象専攻

下記4専攻各5名の選抜

  • 文芸翻訳専攻
  • 金融・IR翻訳専攻
  • 特許・技術・医薬翻訳専攻
  • 法律翻訳専攻

※ 他の奨学金との併用はできません。

  応募フォームはこちらから

■ 当大学院の正規学費および履修システムはこちらをご覧ください

■ 各専攻のカリキュラムはこちらをご覧ください

 奨学生へインタビュー
 医薬翻訳家をめざして奮闘中! 大塩由利香さん
大塩由利香イギリス留学から日本へ帰国し、自分が本当にしたいことはなにかとあれでもないこれでもないとしばらく考えていました。そんななか、以前から医療に興味があり、英語力も同時に生かせる医薬翻訳者の存在を知りました。 続きを読む
 翻訳で世界を結ぶ 岩崎雅さん
岩崎雅さん 私が最初に翻訳に興味を持ったきっかけは、中学生の頃から洋楽にはまり、その訳文に興味を抱き、私も将来はそのように日本語と英語を駆使して異文化交流に貢献していきたい、そんな思いを馳せるようになったことでした。続きを読む
 法律翻訳者をめざして 木内 裕美さん
木内 裕美 私が法律翻訳者を目指したきっかけは、日本において、未だに法律と英語双方に習熟した人材が不足した事を実感したからです。私は学生時代、司法試験の勉強に取り組みました。続きを読む
 人との関係を築くため、翻訳界に貢献したい ジャネット トービさん
ジャネット トービ幼いころから、言葉に関連した仕事をしたいと強く思っていました。大学で英文学を専攻し、言葉に対する関心が増えて来ました。同時に、日本史など日本の文化に興味が広がって来ました。続きを読む

修了生コメントの一覧を見る

– 副学長から聞く - 翻訳専門職大学院で翻訳キャリアを創る方法

hotta1

海外からも参加できるオンライン説明会

◆ 卒業生のキャリアカウンセリングを担当する副学長が、入学及び学習システムからカリキュラム、各種奨学金制度、修了生の活躍、修了後のフォローアップなどを総合的に説明いたします。

◆ 海外在住の方にも参加いただけるように、インターネットweb会議システムのZoomを使って行います。 奮ってご参加ください。Zoomのやさしい使い方ガイドはこちらからお送りします。

FAQ お問い合わせ