ハワイ州特別奨学生(奨学金最大15,000ドル)

2000年に米国で設立したインターネット翻訳大学院「バベル翻訳専門職大学院」では、世界30ヶ国以上の院生が翻訳を学んでいます。2014年には、バベル翻訳大学院の本部所在地であるハワイ州の高等教育機関認可プログラム(Hawaii Post-secondary Education Authorization Program / HPEAP)の認可を受けました。ハワイ州はバベル翻訳大学院の拠点として翻訳事業やイベント開催など今後更なる活動の場を広げていきます。そのハワイ州での事業活動のパートナーとして、修士号を持つ優れた翻訳者をハワイ州により多く誕生させるため、ハワイ在住の方を対象としたハワイ特別奨学生選抜を実施します。

 

2020年11月14日(土)ハワイ州特別奨学生募集セミナー開催!(Zoomオンラインにて)
奨学生募集に伴い、ハワイ時間2020年11月14日(土)にZoom使用したオンラインセミナーを実施いたします。前半はバベル翻訳専門職大学院の秋期学位授与式を行いますが、修了生のプレゼンテーションなど参考になるスピーチがありますのでぜひご参加ください。

  1. 【日時】2020年11月14日(土)16:00より(ホノルル時間)
    16:00-17:40 翻訳修士学位授与式(ぜひ授与式からご参加ください。)
    17:40-18:40 ハワイ州特別奨学生募集セミナー(翻訳キャリアの作り方。スクール説明。修了生の体験談。)
    ※前半の授与式の進行状況によりセミナーの時間帯は多少前後します。
  2. 【場所】Zoomオンライン(在宅参加)
    参加申込者には折り返しZoomのIDをお知らせします。
  3. 【参加費】無料。

参加申込はこちら

 

ハワイ州特別奨学生 受験要綱
対象者

ハワイ在住者

筆記試験応募締切

2020年12月15日まで

選抜試験内容


(1)筆記試験(2時間のインターネット自宅試験、辞書・インターネット参照可):
入学を希望する専攻ごとに試験内容は異なります。

(2)書類選考:「小論文」および「履歴書と職務経歴書」をご提出ください(提出期日は別途指定します)。
小論文テーマ:(1)「志望動機」 (2)「バベル翻訳専門職大学院を選んだ理由」

(3)面接試験(30分程度): 筆記試験の5~10日後。日時は別途指定します。
※ 簡単なネット会議システムを使用して自宅で行います。

筆記試験日時

2020年11月22日~12月15日(ハワイ時間)の任意の2時間。下記からご都合の良い日時をご選択ください。

ハワイ時間 11月22日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 11月23日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 11月26日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 11月28日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 11月30日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 12月1日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 12月4日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 12月6日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 12月7日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 12月8日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 12月10日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 12月12日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 12月14日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00
ハワイ時間 12月15日10:00-12:00 または 15:00-17:00 または 20:00-22:00

筆記試験申込フォーム

受験料

無料

奨学金(米ドル)

・最優秀奨学生  15,000ドル学費免除(学費全額)
・優秀奨学生   8,000ドル学費免除
・準奨学生   5,000ドル学費免除
※入学金 2,000ドル

ハワイ奨学生として在学中にご協力いただくこと(ワーキングスカラーシップ制度)

奨学金のうち5,000米ドル分を以下のようなお仕事をしていただくことで返済していただきます。

翻訳協力 / 編集協力 / 版権交渉 /  教材制作 / 入力作業 / シノプシス作成 /  監訳アシスタント / スクール広報 / テープ起し / 各種リサーチ /  その他翻訳関連業務 /  受講レポート(必須業務) / 入学者紹介記事Web掲載(必須業務)

ワーキング業務の詳細

ハワイ奨学生の声(写真をクリックしてください)

 

お問い合わせ

 

※ 他の奨学金制度との併用はできません。

■ 当大学院の正規学費および履修システムはこちらをご覧ください

■ 各専攻のカリキュラムはこちらをご覧ください