「翻訳者のための、読みやすい文を作るテクニック」セミナー

― AIに負けない! 今こそ必要な、人にしかできない良い文章の作り方 ―

皆さんの目指す良い翻訳文章とは何でしょうか。翻訳や文章を作る仕事は、自己満足が許されず、常に他者の
評価と向き合う仕事です。喜ばれる翻訳文書の一例として「読みやすい」また「わかりやすい」ということが
ありますね。今回のセミナーではここに焦点を絞り、プロライター(歴27年)であり、書く技術を子ども達に
伝える作文教室を主催する講師が、「読みやすい文章を作る」ポイントを纏めました。指導の実践者である
講師が、参考文献や様々な具体例を紹介し、皆さんと一緒に楽しみながら、書くテクニックをお伝えします。

  セミナー目次

1良き媒体であることの心構え。要約力とは。絵画の話。
2伝えることは、一つに絞る。
3話し言葉と書き言葉の統一
4言葉の言い換えで、断然読みやすく、うまく見える。
5長すぎる分は短く切る。短すぎるものは足りない。
6オノマトペ、情景、様子で気もちを伝える。
7段落を変えるときは、内容や場面が変わるとき。
8書き出しには命を吹き込む。最後の3行には魂を込める。
9読みやすさ、わかりやすさ、とは。LINEの事例より
10論理的思考力を養い、客観性、知識、好奇心、豊富な経験を持つ
11人にできることと、AI翻訳機にできること

・日程:2019年11月29日(金) 15時~17時〈2時間〉(日本時間)
・申込み締切:2019年11月26日(火)(日本時間)

  セミナーのお申込みはこちらから
このセミナーでは、吉祥寺の教室又はオンライにて参加できます。オンライはズーム(ZOOM)というインターネット会議システムを使いますので、自宅からでも双方向のコミュニケーションが可能です(Skypeをご存知の方は同じようなツールとお考えください。)。PCとインターネットの環境があれば準備はとても簡単です。参加申込の方に「ZOOM」の利用方法をやさしく解説したマニュアルをお送りしますのでご安心ください。

  開催場所
A) バベル吉祥寺キャンパス会場(当協会認定校)
(東京都武蔵野市吉祥寺南町 2-13-18 ルジェンテ吉祥寺1F)
*定員10名に達し次第締め切ります。
B) オンライン- ZOOM
*定員25名に達し次第締め切ります。
  参加形式
A)現地会場参加
B)オンラインZOOM参加 (2通りの参加方法があります。)
  セミナー受講料
受講料は以下の表をご覧下さい (日本円にてお支払の場合は消費税込の金額です)
海外からの受講料のお支払いにPayPalが利用できます。米ドルにてのお支払いとなります。

一般 一般:
米ドル
JTAメンバーズ
及び
学生
JTAメンバーズ
及び
学生:米ドル
A)2,500円
B)2,000円
A)$28
B)$23
A)2,000円
B)1,500円
A)$23
B)$18

*JTAメンバースとは、翻訳者や、翻訳技能の向上を目指す方々のために、翻訳関連の様々な情報提供及び 「JTA公認 翻訳専門職」認定者となるためのサポートを行う、日本翻訳協会が主宰するインターネットメンバーシップです。
*学生割引対象者:大学院生、大学生、専門学校生、高校生など

・早稲田大学人間科学部スポーツ科学科(現在スポーツ科学部)卒
・1993年株式会社ベースボール・マガジン社入社、第一編集部週刊ベースボールで
 編集記者として企画から、取材、文書作成、校正まで手がける。結婚退職後、
 3人の子育てをしながら、在宅ライターとして、出版社や編集プロダクションから
 雑多な仕事を請け負う。
・2011年から、子どもたちの作文指導を開始。楽しく書くあおぞらクラスをはじめ、
 推薦入試や適性検査、AO入試対策も手掛け、成果をおさめる。
・2015年株式会社立命を設立、あおぞら作文教室を開講。
 塾生生徒数160人前後、読書感想文講座や、3日間で楽しく書く作文講座など、
 足立区や外部受託講座も多数。 生徒指導数900人以上。子ども作文力検定や法人
 向け文書作成コンサルティングなど、eラーニングシステム楽書、など新規事業も
 好評。http://sakubuncafe.com