公選された世界最高齢の国家主席、マハティール

米国翻訳専門職大学院(USA)副学長 堀田都茂樹

本年5月、マレーシアで政権交代、マハティール元首相が率いる野党連合が大方の予測に反して総選挙で勝利。

親日家で、「ルック・イースト(日本の経済成長を見習おう)政策」を首相就任中に推し進めた92歳のマハティール・ビン・モハマド氏が5月9日に行われた選挙で勝利し、マレーシア首相に返り咲きました。

中国が南シナ海を埋め立て、軍事基地化をしようと企んでいる今、また、前首相が中国に操られていたことを考えると、反中国路線を鮮明にしているマハティール首相の返り咲きは歓迎すべきことです。

ランドパワーの国、中国がいまやシーパワーになって世界の覇権を、と考えているのでしょうが、なぜ、日本にその危機感を持つものが多くないのでしょうか。中国が南シナ海を占拠してしまえば、石油やその他の資源などを中東から南シナ経由で船で運んでいる日本は、
回り道をしなければならなくなります。国民にのしかかる費用は莫大なものになります

マハティール首相に「立ち上がれ、日本人」(新潮新書)という著書があります。

その著書の中で、マハティール首相は、2002年にマレーシアを訪れた日本の修学旅行生たちに向かって「あなたたちは日本人の勤勉な血が流れているのだから、誇りに思いなさい」と訴え、感激して涙を流した生徒もいたという記述があります。

また、著書には、
「軍国主義はよくないことだが、愛国主義的であることは悪いことではない。愛国主義は国が困難を乗り越える上で助けになる。祖国を守ることと攻撃的な軍国主義は同義語ではない」
「はっきり申し上げれば、いまの日本人に欠けているのは自信と愛国心です。日本が『愛国心』という言葉に過敏になる理由は、私にもわかります。 確かに、過去に犯した多くの過ちを認める用意と意思は持たなければならない。しかし半世紀以上も前の行動に縛られ、恒常的に罪の意識を感じる必要があるのでしょうか」

自虐史観に侵されている日本人の猛省をここで求めたいと考えます。

これからの多難な国家運営に90代の高齢であることを不安視する向きもあるようですが、報道で見る限り、その意欲は100歳をも超えて輝くように確信しました。

日本だけではなく、世界でも人生100年時代というのが現実的になってきたように思います。高齢になっても自分のやりたいことを持ち続け、それに情熱を傾け続けられる強靭な精神力と体力を持ち続けるには、ミッション、というより確固たる使命もつことに尽きると確信します。

使命、すなわち何に命を使うかが定まれば、90歳、100歳を超えてでもはつらつといられることをマハティール首相は教えてくれているように思います。

まだ66歳の私としては、感謝、感謝です!!

– 副学長から聞く - 翻訳専門職大学院で翻訳キャリアを創る方法

hotta1

海外からも参加できるオンライン説明会

◆ 卒業生のキャリアカウンセリングを担当する副学長が、入学及び学習システムからカリキュラム、各種奨学金制度、修了生の活躍、修了後のフォローアップなどを総合的に説明いたします。

◆ 海外在住の方にも参加いただけるように、インターネットweb会議システムのZoomを使って行います。 奮ってご参加ください。Zoomのやさしい使い方ガイドはこちらからお送りします。

[:en]
米国翻訳専門職大学院(USA)副学長 堀田都茂樹

Tomoki Hotta
Vice Chancellor
Babel University Professional School of Translation

In May of last year, Malaysia’s underwent a change of administration in which the opposition alliance, headed by former Prime Minister Mahathir Bin Mohamed, defied majority predictions in winning the election.

A sympathizer of Japan, 92-year-old Mahathir promoted a “Look East” policy (a policy that encourages learning from Japan’s economic growth) during his time as prime minister. Mahathir won Malaysia’s election on May 9th, returning to power as Malaysia’s prime minister.

Consider the fact that China is attempting to create a military base by piling up mounds of earth in the South China Sea, or that the former Malaysian prime minister was being manipulated by China. It’s no surprise then that having Mahathir – who’s critical towards China – returning to power is a welcome turn of events.

Although China seems to be aiming to become a sea as well as land power and thus achieve dominance on a global level, what’s interesting is how few people in Japan feel a sense of danger regarding China’s actions. If China occupies the South China Sea, Japan will be forced to find an alternate route for transporting oil and other resources from the Middle East, since its current route via the South China Sea will no longer be available. The resulting cost to the Japanese will be astronomical.

Prime Minister Mahathir is the author of the book Rise up Japan. In this book, Prime Minister describes an account in 2002 when he addressed Japanese foreign exchange students, telling them, “You have the industrious blood characteristic of the Japanese, for which you should be proud of.” Some of the students were moved to tears after hearing Mahathir’s comment.

Mahathir also wrote, “Militarism is not a good thing, but being patriotic isn’t bad. Patriotism is helpful when a country is attempting to overcome adversity. Protecting one’s own country is not synonymous with aggressive militarism.”

“Frankly speaking, what the Japanese people lack is confidence and patriotism. I fully understand why Japan is hypersensitive to the word “patriotic.” Certainly, the Japanese must be prepared and willing to admit their numerous past mistakes. Does that mean though that the Japanese have to be fettered by their actions from over a half century ago, and harbor a permanent sense of guilt?”

Indeed, the Japanese must pause for some sober reflection, since they continue to be plagued with a masochistic view of history.

While there is some unease at having a leader in his 90’s take on the difficult job of running a nation, reading the news I’m convinced Mahathir’s passion will continue to shine forth brightly even after he turns 100.

It’s not just Japan but worldwide that being active into one’s 100’s has become a reality. In order to continue to have things we want to pursue even as we age and have a tenacious mental power and physical strength that enables us to focus our passion, I believe what we ultimately need is to have a sense of mission – a resolute sense of mission.

Mahathir teaches us that by having a sense of mission – or deciding what we are going to use our lives for – we can live lives full of vigor well into our 90’s and 100’s.

Since I’m only 66 years old, this is excellent news indeed!

[:]]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA